調剤薬局と考える肝臓の病について解説するサイト

肝臓の機能

肝臓は『沈黙の臓器』といわれます。それは、肝臓がほかの臓器に比べて非常にタフで、知覚神経が内部にきていないため感覚が鈍く黙って重労働に耐えて働くこと、再生能力に優れること、代償能力に優れかなりダメージを受けても残った正常な細胞が余分に働きそれをカバーして機能を維持しようとしていくところからそういわれています。ですから少し異常があっても気づかないことがあるのです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

なので、肝臓の異変に気付くくらいだとかなり病状が悪化している状態にあります。そして、肝臓の機能が低下すると生命に関わるほどの問題になってしまいます。 肝臓の機能には主に4つの役割があります。1つは肝臓に運ばれた栄養分を分解したり、合成したりします。炭水化物をぶどう糖にしたり、またそれをグリコーゲンとしたりです。2つは役割の中心である解毒です。デトックス機能が人間の体内にも備わっていてその中心的な作用をするのが肝臓の機能です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

たんぱく質を分解するときにでるアンモニアを尿素に替えるのも肝臓です。食物を消化吸収するときに出る毒物を無害のものにする機能があります。よくアルコールを飲みすぎる人で肝臓が悪いと言いますが、アルコールを水と炭酸ガスに分解し、息や尿として排出します。飲みすぎて肝臓の処理機能が追いつかなくなってしまった場合、急性アルコール中毒になります。

 

薬局