調剤薬局と考える肝臓の病について解説するサイト

画像診断について

画像診断では、超音波検査、腹部CT(人体の横断画像を撮影する。体表面から深部も明瞭に描出でき、ほかの臓器などの位置関係も立体的に理解しやすい)、腹部MRI(あらゆる方向の段増像が得られる。

 

強力な磁力を用いているので、体内外に金属がある場合(心臓ペースメーカ、脳動脈瘤術後等)は検査は出来ない)があります。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

病理組織検査では肝生検(肝炎の進行度(活動性・線維化)・脂肪肝の程度・癌細胞がないかなど、組織採取し、顕微鏡下にて診断する。)があります。

 

よくわかる調剤薬局のことならこのサイト

やりがいのある薬剤師 求人をお探しなら

自分にあった薬剤師 転職を希望の方はこちら