調剤薬局と考える肝臓の病について解説するサイト

肝臓病の原因

肝臓病の主な原因となるのは「ウィルス」「アルコール」「肥満」の3つです。肝臓病の代表は「アルコール性肝炎」だと誤解している人もいますが、実は原因の多くはA型からG型まである「肝炎ウィルス」によるものです。特に、C型慢性肝炎の患者は日本だけでも120万人も存在すると考えられています。 日本にはB型肝炎ウイルス感染者が約150万人、C型肝炎ウイルス感染者が約200万人います。B型やC型の肝炎ウイルスは血液を介して肝臓に感染します。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

B型肝炎ウイルスは出産時に母から子へも感染しますが、現在ではワクチンなどを使って感染を防げるようになりました。またC型肝炎ウイルスについても、輸血血液のチェックがなされているので感染する心配はありません。
アルコール性肝障害はお酒の飲みすぎが原因です。アルコールは水に溶け、脂肪を溶かし、蛋白を変性させる働きがあるので体の細胞を直接害します。さらに肝 臓ではアルコールが代謝されてできる毒性の強いアセトアルデヒドによって障害が強まり、肝臓の線維化(せんいか)が引き起こされます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

また、最近は食べ過ぎと運動不足による肥満が増えていますが、肥満者の約80%に脂肪肝がみられます。また肥満や糖尿病の人に起こる炎症や線維化を伴って肝硬変へ進行する脂肪肝(非アルコール性脂肪肝炎:NASH)も知られてきています。

 

薬局