調剤薬局と考える肝臓の病について解説するサイト

肝臓病の検査(血液・画像・生検)

肝臓は、栄養素の合成・分解、薬剤やアルコールの解毒など、多岐にわたる重要な機能を兼ね備え、様々な役割を担っています。
肝臓が障害されると、症状として現れることは少ない(沈黙の臓器といわれている)ですが、血液・生化学検査の結果から、肝臓に起こっている障害を推測することができます。
血液検査では、GOT、GPT(肝細胞の破壊)、ALB、ChE、PT、HPT、PLT(肝臓の代謝低下)、T-BiL、ALP、LAP、r−GTP(胆汁の排泄不良)、ICG停滞率(肝臓の予備能力があどれくらいあるか)、TTT、ZTT(繊維化の指標)、肝炎ウィルスマーカー(何が原因で肝炎をおこしているか、ウィルス量がどれくらい存在するのか)、腫瘍マーカー(肝がんを発見する)などあります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277