調剤薬局と考える肝臓の病について解説するサイト

肝臓の病気B肝炎

肝臓に肝炎ウィルスの感染が原因で、急性的もしくは慢性的に炎症ができた状態を肝炎といいます。 原因には自己免疫性、アルコール性、薬剤性もありますが、大半はウイルスです。全身性感染症を起こすサイトメガロウイルス、EBウイルス、HIVなども肝炎を起こしますが、肝炎ウイルスとは言いません。肝臓だけに炎症を起こす肝炎ウイルスには、A型、B型、C型、D型、E型、F型、G型などがあります。A型とE型は経口感染します。現在、日本にはF型はありません。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

D型はB型肝炎をもっている人だけに起こる不完全ウイルスです。B型とC型の感染経路はHIVと同じですが、輸血感染、性行為感染、母子感染の比率はそれぞれ異なります。日本では肝炎ウイルスによる肝炎が80%を占めています。特にA、B、C型が多いといわれています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

  症状としては肝臓の肥大、発熱、吐き気、嘔吐、腹痛などがみられ、尿の色が濃くなることもあります。 急性肝炎は6ヶ月以内に改善されますが、慢性肝炎になると肝機能障害が6ヶ月以上持続してしまいます。急性肝炎では、肝臓に炎症はありますが線維の増生はみられません。慢性肝炎では、肝細胞の炎症と共に肝臓の線維化がみられます。肝炎の中には特に急激に肝細胞が壊れて肝臓の機能が低下する「劇症肝炎」というのもあります。

 

薬局