調剤薬局と考える肝臓の病について解説するサイト

肝臓の病気C肝癌

肝癌には、肝臓から出現した原発性肝癌と他の臓器の癌が肝臓に転移した続発性肝癌(転移性肝癌)があります。原発性肝癌の約85〜90%を肝細胞癌が占め、約 10%が胆管細胞癌です。その他、肝細胞癌と胆管細胞癌の混合型肝癌や肝芽腫などまれな腫瘍があります。一般的に肝癌というと原発性肝癌、特に肝細胞癌を指すことが多いです。 日本では年間約3万5000人の肝癌死亡者がおり、男性では肺癌・胃癌に次いで第3番の癌死の順位となっています。 一般に言われるがんの原因としては喫煙や食品添加物などの化学物質、紫外線などの放射線、食事、ストレスなど様々な要因があげられます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

肝臓がんの場合、その多くは肝炎ウイルスが深く影響しています。肝臓がん患者多くは肝細胞がんであり全体の約70%の人はC型肝炎ウイルスに、約20%はB型肝炎ウイルスに感染しています。肝炎ウィルスによる肝炎の症状がなくても、肝炎ウィルスのキャリア(発症はしてないけれど(+)反応が出ている感染者)も肝臓がんの危険性は高いと言えます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

他にも慢性的な肝臓疾患を持っている人(慢性肝炎、肝硬変など)、母親や兄弟など家族が肝臓病を患っている人なども危険性があります。 肝炎ウィルスに感染した全ての人が肝臓がんになるという訳ではありませが、一般の人よりも定期的に検査して早期発見のため日頃から体調管理に努めるほうがよいでしょう。

 

薬局