調剤薬局と考える肝臓の病について解説するサイト

肝臓病の予防

肝炎ウイルスの感染による肝臓病を予防するには、ウイルスが進入しにくい体作りを心掛ける必要があります。疲労やストレスは免疫力を低下させてしまうので、バランスの良い食生活、適度な運動、十分な休息をとって、日頃から免疫力を高めておくことが有効です。肝臓病予防のポイントは、「お酒を飲みすぎない」「肝臓の機能を高める」ということになります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

飲みすぎによる肝臓病を予防するには、まずお酒を飲まないことです。しかし、どうしても飲みたい人や、お酒を断れない人は、普段から肝臓の機能を高めておくことが重要となります。体内に入ったアルコールを出来るだけ早く分解すれば、それだけ肝臓自身へのダメージを避けることが出来るからです。 肝臓の機能を高めるには、肝臓がアルコールを処理する際に必要な酵素の働きを高めるためにはビタミンB類やビタミンCが必要です。また、ウコンやマリアアザミは古くから肝臓の薬として使われており、肝臓の働きを高めることが期待できます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

ウコンの主成分であるクルクミンには、アルコールを分解する際に必要な胆汁の分泌を促す作用があるため、二日酔いの予防効果が期待できます。また体内の解毒酵素系を活性化させるという働きもあります。体内に取り込まれたアルコールなどの毒素は、肝臓から産出される酵素により無毒化されています。また、動物実験においては、脂肪肝に効果のあることが確認されています。

 

薬局